業界調査のやり方をご紹介!

役に立つアンケート調査

業界調査の定量調査「アンケート調査」について

業界調査の定量調査「アンケート調査」について 企業の多くは利益を上げるために顧客が欲していることを研究していますが、その方法の一つとして業界調査を挙げることができます。
業界調査には様々な種類がありどのような形で調査を行うのが良いかよく考える必要がありますが、中でも定量調査であるアンケート調査は役に立つと言うことで採用しているところが多いです。
アンケート調査は人数や割合、傾向値等の明確な数値や量で現れる定量データで集計、分析する調査方法で、これにより明確な数字でデータをアウトプットすることが可能となります。
とても明快な数値データとして可視化することができる点に大きな特徴があり、潜在レベルのユーザーニーズを定量的なデータを使って発見することができるので大変便利です。
これによりお客さんが何を欲しているのか理解することができますし、この調査によってこれから先するべきことをよく考えることができます。
購買量や購買金額、購入率や顧客満足度といった重要な指標を導き出すことができるので、評判が良く多くの企業で採用しています。

業界調査でアンケート調査を採用するメリットは

業界調査でアンケート調査を採用するメリットは 様々な業界で消費者の生の声を聞くために業界調査を行っていますが、その調査方法で一番多く採用されているのがアンケート調査です。
アンケート調査を業界調査で採用するには、多くのメリットがあることが理由として挙げられます。
ポイントサイトなど消費者にアンケートに答えてもらう代わりにポイントなどを付与するサービスを行っている会社に、簡単に依頼することが出来る事です。
アンケートで聞きたい項目や対象とする年代や性別などの希望を伝えるだけで簡単に調査が出来ます。
元々既存のアンケート回収の仕組みが出来上がっていて回答者の数も多いので、一から自分たちの会社で調査を行うよりも時間的にも早く、コストも抑えることが可能です。
登録者数が多いポイントサイトなどでは、1日で希望の数のアンケート数を回収することも十分に見込めます。
リアルタイムで消費者の生の声を把握することが出来るのも大きなメリットです。
直接回答者と連絡を取って、細かい事を聞くことが出来るようなシステムを採用している所も多くあります。

新着情報

◎2023/12/08

情報を追加しました。


>事業拡大を検討している企業が力を入れる業界調査
>定番の業界調査を上手に活用してビジネスを拡大
>業界調査は情報の分析まで行うことで意味がある
>定期的に行う業界調査は企業の生産性を向上
>潜在ニーズを浮き彫りにする業界調査の方法

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>業界調査でトラブルになりそうな問題も調べられる
>業界調査の業種はある程度カテゴライズされている
>業界調査を行う場合のデメリットはどんな?
>最新の業界調査でのマーケティングリサーチ
>将来特定の分野でビジネスを興したいなら業界調査の実施を

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>業界調査でターゲットの消費動向を確認する
>業界調査をおこなっている会社に対する需要
>様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム
>リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査
>業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

◎2021/1/18

起業に業界調査は必要?
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

インタビュー調査について
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ホームユーステストについて
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 アンケート」
に関連するツイート
Twitter

ー皆様にお願い(拡散歓迎)ー 学生が、俗語に関するアンケート調査(予備調査)を行っています。 「これは使うなあ」「これは使わない!」など楽しみならやっていただけたら嬉しいです。 18歳以上の方、是非お願いいたします。

返信先:他1都合の良い物だけ信じて、別姓に消極的な人もいるなどのアンケートは信じないと。 NHKの世論調査は全て正しいのですか? 偏ったり質問に恣意的なものがあったりは100%ない、と。 内閣府の調査は信用出来ない、という事かな🤔

アンケート調査もね、お気持ちの質問はアテにならないよね。

返信先:落合議員は予算委員会で首相と大臣に対峙する機会があると思いますが、党内で可及的速やかにアンケートでわかって来た政府が起こした被害についての実態調査と171条の違法状態に対する責任を政府に追及して頂きたい 放置すれば最悪のケースが出ることが確実です🙇‍♀️ 取り返しがつく間にお願いします

1. サンプリング方法:調査対象となる投票所をランダムに選びます この際、都市部と地方、各種選挙区の代表性を考慮します 2. 調査員の配置:選ばれた投票所に調査員を配置し、投票を終えた有権者にアンケートを依頼します