業界調査のやり方をご紹介!

役に立つアンケート調査

業界調査の定量調査「会場調査」について

業界調査の定量調査「会場調査」について 業界調査の中でも、短時間で適切な結果を得たいときに便利なのが会場調査と呼ばれる手法です。
会場調査とは調査の対象者を会場に集めて行う業界調査で、実際の商品を対象者に体験してもらった上で意見や感想を集めることができます。
試食テストや試飲テストなどで使われることが多く、店頭でどんな商品を選ぶか調べる疑似購入テストでも用いられます。
対象者に会場まで来てもらうため調査効率に優れており、すぐに回答が得られるのも魅力です。
サンプル品を郵送するのと異なり、会場内で管理できるので情報漏洩のリスクを最小限に抑えることもできます。
他の調査手法に比べて、よりリアルな評価を集めることができるという特徴もあります。
例えば新しく開発したメニューについて尋ねたい場合、目の前で実際に食べてもらうことができるので反応をリアルに評価することができます。
またパッケージの開け方や食べ方、食べづらさと言った直接目にしないと分からない点まで調べることができ、詳細なデータを取りたい時におすすめです。

業界調査を行う際に会場調査を選ぶメリット

業界調査を行う際に会場調査を選ぶメリット インターネットの普及で、業界調査が手軽に行えるようになりました。
かかるコストが低く、スピードも速いため活用する企業が増えています。
そんな中で会場調査を行う意味はあるのでしょうか?結論から言うと、会場調査にはインターネットで行う業界調査にはないメリットがあります。
まず1つ目は機密を保ちやすいことです。
開発段階の資料や試作品を提示しないと調査できませんが、在宅だと目が届かないため外部に漏らしてしまったり、返却されなかったりする可能性があります。
その点、会場で行えば全て回収することができます。
もう1点は質問に対する答えだけでなく、ユーザーの反応をトータルで見られることです。
回答に迷ったり、少し不満そうだったりという文章には現れない行動や表情も、会場で行えばキャッチできます。
また、なぜそのような反応が出たかを尋ねたり、わかりにくい回答や曖昧な回答について掘り下げて質問することも可能です。
コストはかかりますが、メリットも大きいため、費用対効果は十分にあります。

新着情報

◎2023/12/08

情報を追加しました。


>事業拡大を検討している企業が力を入れる業界調査
>定番の業界調査を上手に活用してビジネスを拡大
>業界調査は情報の分析まで行うことで意味がある
>定期的に行う業界調査は企業の生産性を向上
>潜在ニーズを浮き彫りにする業界調査の方法

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>業界調査でトラブルになりそうな問題も調べられる
>業界調査の業種はある程度カテゴライズされている
>業界調査を行う場合のデメリットはどんな?
>最新の業界調査でのマーケティングリサーチ
>将来特定の分野でビジネスを興したいなら業界調査の実施を

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>業界調査でターゲットの消費動向を確認する
>業界調査をおこなっている会社に対する需要
>様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム
>リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査
>業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

◎2021/1/18

起業に業界調査は必要?
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

インタビュー調査について
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ホームユーステストについて
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 メリット」
に関連するツイート
Twitter

意外ですが、がんの患者さんでも運動はした方がいい。がんと診断された1万人以上の患者さんを対象としたアメリカの研究で、運動のメリット調査してます。週4回以上のほどほど or 週2日以上の少しきつめの運動やっていた患者さんは、死亡リスクが25%も低下していて、特に効果的だったがんの種類は、

【新着】迷惑電話ブロックの評判は?アプリのメリット・デメリット、口コミ・レビューを調査 2024-07-16

税務調査で税理士ではなく「弁護士」に相談する最大のメリットとは - Yahoo!ファイナンス

【新着】マインスイーパー ZEROの評判は?アプリのメリット・デメリット、口コミ・レビューを調査 2024-07-15

ドコモ光とフレッツ光との比較を調査↓ 結論、ドコモ光とフレッツ光を比較した結果、「ドコモ光」一択でした。正直「フレッツ光」を申し込むメリットはありません。理由は、フレッツ光は高額キャッシュバックもスマホセット割もないためです。 ただし注意点が...↓