インタビュー調査について

役に立つアンケート調査

インタビュー調査について

インタビュー調査について 会社を経営している人にとって重要なことは何をすれば利益を上げることができるかと言うことで、お客さんが欲していることをよく考えることが大切です。
しかし経営者が考えていることとお客さんの思っていることに差異が生じてしまうことがありその場合には利益が伸びないこともあるので、業界調査をしっかりと行って不足している点を補うことが重要です。
業界調査の中にも種類が色々あり何をすれば良いのか迷ってしまうこともありますが、中でも定性調査であるインタビュー調査はとても役に立つので上手く活用している会社が多いです。
定性調査は主に何らかの理由を聞くのに適しておりアンケートよりも深掘りして聞くことができますし、それにより自社に何が足りないのかよく理解することができるので大変便利です。
このようにインタビュー調査を行うことによりその人が思っていることを深掘りして聞くことができるので、会社にとってはとても意義のある調査と言えます。

業界調査の手法としてインタビュー調査というものがあります

業界調査の手法としてインタビュー調査というものがあります 業界調査の方法は様々であり、ネットアンケートや電話を利用した手法がポピュラーです。
そういった業界調査の方法は低コストで実施できるのが、最大の利点です。
一方で調査の精度を意識するなら、インタビュー調査となります。
有識者の方々を呼び寄せて、今後の業界全体の動向を質問したり、一般消費者の方々をランダムに呼び、様々な質問を投げかけることでリアルな声が収集できます。
対面型の調査なので、臨機応変にインタビュアーが質問を投げかけられますし、より踏み込んだ問いかけが可能です。

インタビュー調査のメリットとして、信頼が高い意見が得られる点が大きいです。
文字での回答に比べて、答える側も感情を込めやすく、インタビュアーの方は微妙な表情や態度なども参考にできます。
いわゆる模範解答ではなく、生々しい率直な批判、業界へのネガティブな意見などもダイレクトに収集できます。
クレームはある意味で最高のアドバイスであり、また自社の噂や世間から見たリアルなイメージが聞き取れるので、改善策を洗い出すのに効果的な業界調査術です。

新着情報

◎2023/12/08

情報を追加しました。


>事業拡大を検討している企業が力を入れる業界調査
>定番の業界調査を上手に活用してビジネスを拡大
>業界調査は情報の分析まで行うことで意味がある
>定期的に行う業界調査は企業の生産性を向上
>潜在ニーズを浮き彫りにする業界調査の方法

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>業界調査でトラブルになりそうな問題も調べられる
>業界調査の業種はある程度カテゴライズされている
>業界調査を行う場合のデメリットはどんな?
>最新の業界調査でのマーケティングリサーチ
>将来特定の分野でビジネスを興したいなら業界調査の実施を

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>業界調査でターゲットの消費動向を確認する
>業界調査をおこなっている会社に対する需要
>様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム
>リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査
>業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

◎2021/1/18

起業に業界調査は必要?
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

インタビュー調査について
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ホームユーステストについて
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 インタビュー」
に関連するツイート
Twitter

文藝春秋に載ってた冷泉家当主のインタビュー読んだら、「文庫の蔵書調査は全体の四分の一くらいが終わった段階」と言ってたので、まだまだ貴重な文書が眠っているかもしれず期待が膨らむな。

単独行のあの結末だと特命調査終わってから陽伝or防人作戦でまんばちゃん帰還かな……というか陽伝上演しない可能性もある(インタビュー参照)

ターゲットやマーケット調査はバイアスがかかりがちだから偏見を無くしてファクトとインタビューみたいな定性分析を大事にしようねという理解。 海外だからこそという側面もあるけど国内で新規事業やるときも常に意識しなければいけなそう。

現実的には、事前調査して私のようなパターンの人は家族関係の質問をしない対応になるのだろうけど、この対応、すごく私に失礼で、私を傷付けるんだけど、インタビューワーは加害に無意識なのも定石なんだよな。

今、調査で人事部で働いたことがある方々にインタビューをしているのですが、気づいたら、自分と同世代の人が誰もいない。 なぜだろうと考えたのですが、就職氷河期のせいかも…と。