業界調査のやり方をご紹介!

役に立つアンケート調査

このサイトでは、初めて業界調査を行う場合でもスムーズに行うことができる方法についてまとめています。
これらの手法として最も一般的であるアンケート調査の方法や、様々な場所による調べ方の方法及びその手法についても非常にわかりやすく記載されているのが特徴です。
加えて、そのやり方が非常に難しいとされるホームユーステストに関しても効果的な方法を端的にまとめてあり、初めてでも貴重な情報を逃すことなくスムーズに行うことができるコツを学ぶことができるものとなっています。

はじめてでもわかりやすい業界調査のやり方まとめ

はじめてでもわかりやすい業界調査のやり方まとめ 業界調査は新商品を開発するときに行うばかりでなく、様々な既存商品の販売戦略を考える上でも非常に貴重なデータを得ることができるものです。
そのためできるだけ短時間で多くの情報を集めることができる手法を身に付けておくことで、信頼性の高いデータを得ることができるのがポイントとなっています。
ただしその方法には様々なものがあるため、目的に応じて方法を選ぶことが重要なポイントです。
近年では様々なマーケティング手法が確立されており、どれを選ぶかによってその結果も影響を受けることがわかっていることから、目的に応じた方法を選んで行うことが成功の秘訣となっています。
業界調査のいろいろなやり方の中から現在自分たちが得たい結果が出るものを確実に選び、効果的に行うことが重要なポイントです。

新規事業を立ち上げるときの業界調査のやり方

新規事業を立ち上げるときの業界調査のやり方 新規事業を立ち上げる時には、未開の業界に足を踏み込むことになるため、その業界のことについてしっかりと調査を行い、参入出来るのかどうかを見極める必要があります。
戦略をしっかりと立てて、破綻のないストーリー作りをするためにも、業界調査は非常に重要です。
しかし、業界調査と言ってもむやみにやっては時間の無駄になってしまいます。
何を明らかにするための業界調査なのか、目的を明確化してやり方の計画を立ててから進めるようにしましょう。
やり方も様々な方法があるのですが、詳細まで細かく調べあげたい時には、プロの調査会社に業務委託して任せるのが良いでしょう。
業務委託する場合にも、どのような目的で何を明らかにしたいのかはしっかりと伝える必要があります。
そこが明確になっていないと、調査を行う人たちもどのように動いてどういった情報を取って来れば良いか分からず、時間の無駄となってしまうことがあります。
業界調査をしたら、それをもとに自社分析を行い何が強みで何が弱みなのかを見定め、新規事業をどのように立ち上げることができるのかを考えると、より新規事業の内容が具体化してくるのではないでしょうか。
表面的にではなく、深く業界分析をしてみてください。

業界調査のためにアンケートのサービスに注目する

企業の中には、新しい事業を進めていくために、たくさんの情報を集めて業界調査を行うところも多いです。
自分たちで調べていくこともできますが、時間がかかることや手間もかかり、新しいビジネスを進めていく際に、情報が不十分となってしまう恐れがあります。
業界調査のサービスに注目することで、知りたい情報をわかりやすくまとめてくれ、詳しい情報を集めてから行動を起こせるようになります。
アンケート調査を進めたい場合も、アンケート調査のプロの業者に任せることで、データを効率よく集めることができます。
お客様ニーズに合ったサービスを提供できるようにすることが求められるため、きちんと調査を行ってから行動できるようにすることが求められます。
企業経営のリスクをしっかりと考えながら、情報をたくさん集めてから行動を起こせるようにすることはリスクを抑えていくことにつながります。
業界調査のプロに相談をしながら、必要なデータを集めることをおすすめします。

業界調査を依頼し、企業の強みと弱みを客観的に分析してもらう

業界調査は、企業の経営戦略を考える上で非常に重要です。
同じ業界でも、時代の流れと共に環境が様変わりします。
ひと昔前は、大手数社を中心に発展していた業界も、環境変化によってベンチャー企業や他業種の会社が続々と新規参入を行っています。
競合他社の数や経営方針が様変わりしたら、自社も臨機応変に対応をしなければなりません。
業界調査を専門会社に頼むメリットは、今現在の業界の様子を客観的な視点から分析してもらえる事です。
競合他社の強みと弱みを、専門家の視点から分析してもらえるので、現状に合ったマーケティング活動や経営判断が下しやすくなります。
業界調査によって、自社の強みと弱みを客観的な角度からチェックしてもらう事も重要です。
ベテランの経営者でも自社の評価については、自然と主観が入り込むものです。
外部の専門家に、客観的に評価してもらえば投資すべき事業が把握しやすくなりますし、反対にコストダウンを推し進めるべき分野も把握できるでしょう。

資料を参考にして業界調査を行うこともできる

業界調査は資料を参考にして行うこともできます。自社で訪問や電話、郵送やインターネットによるアンケート調査を実施する場合、たくさんの時間と労力を費やすことになってしまうはずです。近年では、特定の業界の情報をまとめてもらうことができるサービスもあるので、そういったものを有効活用することがおすすめだと言えます。
調査会社を利用するのであれば自社で時間をかけて収集しなくても、簡単に情報を集めることが可能です。受け取ったものをもとにして業界調査を行ったり分析を行ったりすることができるため、効率的に業界調査を進めることができます。
このような方法を選択するのであれば、空いた時間に他の仕事をこなしたり、別のアプローチ方法でさらに情報を収集することも可能です。作成してもらった資料を参考にして業界調査を行うこともできるので、便利な調査方法を期待している場合は調査サービスを利用することがおすすめだと言えるでしょう。

最新の市場の様子を知るためには、業界調査を

新しい市場に新規参入を行う前に、実施しておきたいのが業界調査です。いわゆる本業とは違う、全く新しい業界に新規参入を無事に果たすためには、今現在の環境を正しく把握する必要があります。専門会社に依頼して、業界調査をしておけば参入の決断に必要な情報が多数、手に入ります。そもそも自社が入り込める隙間があるのか、後から参入した場合のメリットはあるのか等、専門会社の業界調査で確度の高いデータを得ておけば、戦略決定がスピードアップしやすいです。
グローバルと多様化が進む昨今、市場の様子も刻一刻と変化します。以前は国内の大手企業がトップクラスのシェアを獲得していた分野も、外資系企業が後から参入した結果、大きく業界の勢力図が書き換わっている事があります。業界調査を実施する事で、ライバルの外資系企業の優位なポイントや反対にウィークポイントを調べられますので、これから新規参入を思案する経営者の方はコストを惜しまずに専門会社に調査を依頼しましょう。

業界調査でターゲットの消費動向を確認する

業界調査では消費動向や消費者のニーズについての調査も行います。消費動向は時勢に合わせて変化していくもので、消費者のニーズもまた少しずつ変わってきます。業界調査行うことでどのような需要があるのか、その傾向を知ることができるでしょう。通常の調査では入手が難しいような情報も業界調査で獲得することができるため、経営戦略に役立てることが可能です。例えば日本ではあまり販売例がない商品について消費者の需要や動向を調べたい、ターゲットとなる年齢層や性別を確認しておきたいといった場合にも業界調査が活用されています。どのような需要があるのかを調査によってあらかじめ確認することは、リスクの回避やコスト削減にも繋げることができるでしょう。また、消費者がなぜそのような傾向にあるのかを把握するためにも調査が役立ちます。経営戦略においてターゲットの確認は重要なポイントです。調査を上手に活用することで、よりニーズに合った消費者を見つけることができます。

業界調査をおこなっている会社に対する需要

業界調査を専門におこなっている会社もあります。こうした会社に対する需要が多くあるのは、専門的な方法で業界調査を実施してくれるからです。一般の人で実行するのが難しいような調査でも、専門の会社ならばおこなうことが可能です。業界調査を専門におこなっている会社では、調査の対象とする業界も慎重に選んで調査を開始しています。業界を調査するために特に重要となるのは、その業界に属している企業を選ぶことで、同じような仕事をしている会社であっても、違う業界に属していることもあります。業界によっては種類が非常に細分化されていることもあり、こうした細かい業界のことを調べる時にも、そこにどのような企業が属しているのかを正確に調べることは重要です。専門の会社では、非常に範囲が限られた業界の調査をすることもできます。調査をおこなう方法も専門の会社では工夫をしていて、電話やインターネットを利用した調査がおこなわれることもあります。

様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム

業界のトレンドを知りたいけど業界調査に様々な情報ソースを巡る必要があり時間とコストがかかっている、大量の情報を整理分析するのに時間がかかりすぎてる。 または市場の最新情報をキャッチアップしきれず、未来の構想が描けてないなどの悩みがあるならあらゆるビジネス情報が整理し業界や企業分析を効率化したプラットフォームがおすすめです。 経済情報プラットフォームでは、世界の企業データや業界調査や最新ビジネスを解説するレポートM&A情報や統計やニュースなど必要な多様なビジネス情報を収録しています。 さらにテクノロジーの最新動向やモデルの変革など、最先端の業界情報について纏まったコンテンツは新規ビジネスの創出や、既存産業を変革する動きを捉えることができます。 収録されているの業界レポートやトレンドレポートは、すべて各業界に精通した専属のアナリストが執筆し短時間で市場とプレイヤーの概況を理解できるように作られています。

リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査

あらかじめ業界調査を行うことで出来る限りのリスクを避け、商品のニーズに合ったターゲットを見つけることができます。商品やサービスを展開していくためには手間や資金が必要です。新規参入する場合にはどのような企業がどんなサービスや商品を展開しているのか、需要と供給の度合いなど様々な観点からのリサーチが必須となります。業界調査には多数の項目が含まれますが、特定の商品における市場規模の推移や変化、主に商品を販売している企業、商品の流通もや物流についても業界調査に含まれます。業界調査はコストパフォーマンスに優れた調査方法です。様々な調査をあらかじめ行っておくことで、より効果的な経営戦略を立てることができるでしょう。主力としての参入を狙っている業界だからこそリスクを避けつつも大きなシェアを目指したい、その業界に本当に需要があるのかを見極めたいといった場合にも調査が必須となります。経営戦略に役立てるため、多くの企業が活用している方法です。

業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

特定の業界における市場規模や市場の動向を把握するために調査することを業界調査と言い幅広く活動していますが、例えばあるお店に行ってそこで働くスタッフの態度や料理の味をチェックするのもこれに入ります。 お客さんの対応を確認することにより将来成功するかどうかを確認することになりますが、業界調査を行う際には注意点が色々あるのでそれに従って行動する必要があります。 ただそれほど堅苦しく考えないことが重要で何がほしい情報であるのか事前に決めた上で行動に移す必要がありますし、資金面の裏付けも重要になってきます。 最近では就職活動を行っている大学生が志望する業界はどういったところなのか調べたいと思い業界調査をするケースがありますが、これも全く同じで方法はそれほど変わりはないです。 このように業界調査は今では気軽に行うことができるのであまり深く考えることはありませんが、注意点もあるのでその点に関しては気をつけて行動するようにした方が良いです。

おすすめの業界調査情報サイト

業界調査のメリット

新着情報

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>業界調査でターゲットの消費動向を確認する
>業界調査をおこなっている会社に対する需要
>様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム
>リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査
>業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

◎2021/1/18

起業に業界調査は必要?
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

インタビュー調査について
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ホームユーステストについて
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 やり方」
に関連するツイート
Twitter

真実は発表せずに、 真実に似せた嘘を発表し、 嘘のカラクリを暴くことで、 嘘の否定を強く結論づけて、 嘘の否定を真実だと誘導する やり方も十分考えられる。 コロナの塩基配列はシュミレーション であり、コッホの4原則を満たさないが、そもそも調査すべき対象ずらしの可能性を考えたい。

返信先:他1人彼らお得意のダブスタだと思いますよ。 「お前らが普通河川でもキッチリ水文調査して維持流量決めるの、正直言って迷惑」って、何度も悪口言われてますしw 彼ら、よく見ると流観のやり方も結構アレで、本当に流況を把握できているのか、正直疑問です…。

園によって調査の方法はさまざまで、面談形式で行う場合もあれば、園が独自に作成した意向調査書に記入するやり方もあるかもしれません。 もし系列園や運営本部への異動、あるいは退職を検討している場合は、意向調査のタイミングで希望を伝えるとよいでしょう!

自分で調査して解決するのは早いけど仕事を依頼したり連携しようとすると途端に話聞いてないし自分のやり方を通そうとする先輩社員を見ており、依頼せずに自分でやった方が早いけどそれやると同じになるからいまいち連携取れなくても依頼せざる得ず…みたいなことになっており、しんどい