業界調査のやり方をご紹介!

役に立つアンケート調査

このサイトでは、初めて業界調査を行う場合でもスムーズに行うことができる方法についてまとめています。
これらの手法として最も一般的であるアンケート調査の方法や、様々な場所による調べ方の方法及びその手法についても非常にわかりやすく記載されているのが特徴です。
加えて、そのやり方が非常に難しいとされるホームユーステストに関しても効果的な方法を端的にまとめてあり、初めてでも貴重な情報を逃すことなくスムーズに行うことができるコツを学ぶことができるものとなっています。

はじめてでもわかりやすい業界調査のやり方まとめ

はじめてでもわかりやすい業界調査のやり方まとめ 業界調査は新商品を開発するときに行うばかりでなく、様々な既存商品の販売戦略を考える上でも非常に貴重なデータを得ることができるものです。
そのためできるだけ短時間で多くの情報を集めることができる手法を身に付けておくことで、信頼性の高いデータを得ることができるのがポイントとなっています。
ただしその方法には様々なものがあるため、目的に応じて方法を選ぶことが重要なポイントです。
近年では様々なマーケティング手法が確立されており、どれを選ぶかによってその結果も影響を受けることがわかっていることから、目的に応じた方法を選んで行うことが成功の秘訣となっています。
業界調査のいろいろなやり方の中から現在自分たちが得たい結果が出るものを確実に選び、効果的に行うことが重要なポイントです。

新規事業を立ち上げるときの業界調査のやり方

新規事業を立ち上げるときの業界調査のやり方 新規事業を立ち上げる時には、未開の業界に足を踏み込むことになるため、その業界のことについてしっかりと調査を行い、参入出来るのかどうかを見極める必要があります。
戦略をしっかりと立てて、破綻のないストーリー作りをするためにも、業界調査は非常に重要です。
しかし、業界調査と言ってもむやみにやっては時間の無駄になってしまいます。
何を明らかにするための業界調査なのか、目的を明確化してやり方の計画を立ててから進めるようにしましょう。
やり方も様々な方法があるのですが、詳細まで細かく調べあげたい時には、プロの調査会社に業務委託して任せるのが良いでしょう。
業務委託する場合にも、どのような目的で何を明らかにしたいのかはしっかりと伝える必要があります。
そこが明確になっていないと、調査を行う人たちもどのように動いてどういった情報を取って来れば良いか分からず、時間の無駄となってしまうことがあります。
業界調査をしたら、それをもとに自社分析を行い何が強みで何が弱みなのかを見定め、新規事業をどのように立ち上げることができるのかを考えると、より新規事業の内容が具体化してくるのではないでしょうか。
表面的にではなく、深く業界分析をしてみてください。

業界調査のためにアンケートのサービスに注目する

企業の中には、新しい事業を進めていくために、たくさんの情報を集めて業界調査を行うところも多いです。
自分たちで調べていくこともできますが、時間がかかることや手間もかかり、新しいビジネスを進めていく際に、情報が不十分となってしまう恐れがあります。
業界調査のサービスに注目することで、知りたい情報をわかりやすくまとめてくれ、詳しい情報を集めてから行動を起こせるようになります。
アンケート調査を進めたい場合も、アンケート調査のプロの業者に任せることで、データを効率よく集めることができます。
お客様ニーズに合ったサービスを提供できるようにすることが求められるため、きちんと調査を行ってから行動できるようにすることが求められます。
企業経営のリスクをしっかりと考えながら、情報をたくさん集めてから行動を起こせるようにすることはリスクを抑えていくことにつながります。
業界調査のプロに相談をしながら、必要なデータを集めることをおすすめします。

業界調査を依頼し、企業の強みと弱みを客観的に分析してもらう

業界調査は、企業の経営戦略を考える上で非常に重要です。
同じ業界でも、時代の流れと共に環境が様変わりします。
ひと昔前は、大手数社を中心に発展していた業界も、環境変化によってベンチャー企業や他業種の会社が続々と新規参入を行っています。
競合他社の数や経営方針が様変わりしたら、自社も臨機応変に対応をしなければなりません。
業界調査を専門会社に頼むメリットは、今現在の業界の様子を客観的な視点から分析してもらえる事です。
競合他社の強みと弱みを、専門家の視点から分析してもらえるので、現状に合ったマーケティング活動や経営判断が下しやすくなります。
業界調査によって、自社の強みと弱みを客観的な角度からチェックしてもらう事も重要です。
ベテランの経営者でも自社の評価については、自然と主観が入り込むものです。
外部の専門家に、客観的に評価してもらえば投資すべき事業が把握しやすくなりますし、反対にコストダウンを推し進めるべき分野も把握できるでしょう。

資料を参考にして業界調査を行うこともできる

業界調査は資料を参考にして行うこともできます。自社で訪問や電話、郵送やインターネットによるアンケート調査を実施する場合、たくさんの時間と労力を費やすことになってしまうはずです。近年では、特定の業界の情報をまとめてもらうことができるサービスもあるので、そういったものを有効活用することがおすすめだと言えます。
調査会社を利用するのであれば自社で時間をかけて収集しなくても、簡単に情報を集めることが可能です。受け取ったものをもとにして業界調査を行ったり分析を行ったりすることができるため、効率的に業界調査を進めることができます。
このような方法を選択するのであれば、空いた時間に他の仕事をこなしたり、別のアプローチ方法でさらに情報を収集することも可能です。作成してもらった資料を参考にして業界調査を行うこともできるので、便利な調査方法を期待している場合は調査サービスを利用することがおすすめだと言えるでしょう。

最新の市場の様子を知るためには、業界調査を

新しい市場に新規参入を行う前に、実施しておきたいのが業界調査です。いわゆる本業とは違う、全く新しい業界に新規参入を無事に果たすためには、今現在の環境を正しく把握する必要があります。専門会社に依頼して、業界調査をしておけば参入の決断に必要な情報が多数、手に入ります。そもそも自社が入り込める隙間があるのか、後から参入した場合のメリットはあるのか等、専門会社の業界調査で確度の高いデータを得ておけば、戦略決定がスピードアップしやすいです。
グローバルと多様化が進む昨今、市場の様子も刻一刻と変化します。以前は国内の大手企業がトップクラスのシェアを獲得していた分野も、外資系企業が後から参入した結果、大きく業界の勢力図が書き換わっている事があります。業界調査を実施する事で、ライバルの外資系企業の優位なポイントや反対にウィークポイントを調べられますので、これから新規参入を思案する経営者の方はコストを惜しまずに専門会社に調査を依頼しましょう。

業界調査でターゲットの消費動向を確認する

業界調査では消費動向や消費者のニーズについての調査も行います。消費動向は時勢に合わせて変化していくもので、消費者のニーズもまた少しずつ変わってきます。業界調査行うことでどのような需要があるのか、その傾向を知ることができるでしょう。通常の調査では入手が難しいような情報も業界調査で獲得することができるため、経営戦略に役立てることが可能です。例えば日本ではあまり販売例がない商品について消費者の需要や動向を調べたい、ターゲットとなる年齢層や性別を確認しておきたいといった場合にも業界調査が活用されています。どのような需要があるのかを調査によってあらかじめ確認することは、リスクの回避やコスト削減にも繋げることができるでしょう。また、消費者がなぜそのような傾向にあるのかを把握するためにも調査が役立ちます。経営戦略においてターゲットの確認は重要なポイントです。調査を上手に活用することで、よりニーズに合った消費者を見つけることができます。

業界調査をおこなっている会社に対する需要

業界調査を専門におこなっている会社もあります。こうした会社に対する需要が多くあるのは、専門的な方法で業界調査を実施してくれるからです。一般の人で実行するのが難しいような調査でも、専門の会社ならばおこなうことが可能です。業界調査を専門におこなっている会社では、調査の対象とする業界も慎重に選んで調査を開始しています。業界を調査するために特に重要となるのは、その業界に属している企業を選ぶことで、同じような仕事をしている会社であっても、違う業界に属していることもあります。業界によっては種類が非常に細分化されていることもあり、こうした細かい業界のことを調べる時にも、そこにどのような企業が属しているのかを正確に調べることは重要です。専門の会社では、非常に範囲が限られた業界の調査をすることもできます。調査をおこなう方法も専門の会社では工夫をしていて、電話やインターネットを利用した調査がおこなわれることもあります。

様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム

業界のトレンドを知りたいけど業界調査に様々な情報ソースを巡る必要があり時間とコストがかかっている、大量の情報を整理分析するのに時間がかかりすぎてる。 または市場の最新情報をキャッチアップしきれず、未来の構想が描けてないなどの悩みがあるならあらゆるビジネス情報が整理し業界や企業分析を効率化したプラットフォームがおすすめです。 経済情報プラットフォームでは、世界の企業データや業界調査や最新ビジネスを解説するレポートM&A情報や統計やニュースなど必要な多様なビジネス情報を収録しています。 さらにテクノロジーの最新動向やモデルの変革など、最先端の業界情報について纏まったコンテンツは新規ビジネスの創出や、既存産業を変革する動きを捉えることができます。 収録されているの業界レポートやトレンドレポートは、すべて各業界に精通した専属のアナリストが執筆し短時間で市場とプレイヤーの概況を理解できるように作られています。

リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査

あらかじめ業界調査を行うことで出来る限りのリスクを避け、商品のニーズに合ったターゲットを見つけることができます。商品やサービスを展開していくためには手間や資金が必要です。新規参入する場合にはどのような企業がどんなサービスや商品を展開しているのか、需要と供給の度合いなど様々な観点からのリサーチが必須となります。業界調査には多数の項目が含まれますが、特定の商品における市場規模の推移や変化、主に商品を販売している企業、商品の流通もや物流についても業界調査に含まれます。業界調査はコストパフォーマンスに優れた調査方法です。様々な調査をあらかじめ行っておくことで、より効果的な経営戦略を立てることができるでしょう。主力としての参入を狙っている業界だからこそリスクを避けつつも大きなシェアを目指したい、その業界に本当に需要があるのかを見極めたいといった場合にも調査が必須となります。経営戦略に役立てるため、多くの企業が活用している方法です。

業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

特定の業界における市場規模や市場の動向を把握するために調査することを業界調査と言い幅広く活動していますが、例えばあるお店に行ってそこで働くスタッフの態度や料理の味をチェックするのもこれに入ります。 お客さんの対応を確認することにより将来成功するかどうかを確認することになりますが、業界調査を行う際には注意点が色々あるのでそれに従って行動する必要があります。 ただそれほど堅苦しく考えないことが重要で何がほしい情報であるのか事前に決めた上で行動に移す必要がありますし、資金面の裏付けも重要になってきます。 最近では就職活動を行っている大学生が志望する業界はどういったところなのか調べたいと思い業界調査をするケースがありますが、これも全く同じで方法はそれほど変わりはないです。 このように業界調査は今では気軽に行うことができるのであまり深く考えることはありませんが、注意点もあるのでその点に関しては気をつけて行動するようにした方が良いです。

業界調査でトラブルになりそうな問題も調べられる

業界調査は特定の業界での市場規模や動向の把握などを調べることで、競合調査はその業界内の特定の企業にフォーカスしてライバルの企業の商品やサービスなどを自社を比べて色々な事項の分析をします。
具体的には、競合となる会社の販売や調達状況などを知る、気になる業界の過去の市場規模や流通している金額の把握、ニッチな製品カテゴリの海外での主要プレイヤーを調べるなどです。より高度で通常だと入手が難しい企業戦略で欠かせない重要な情報も得られるため、事前にトラブルになりそうなことに関しても調べられます。業界調査は特定の業界全体について、製品やサービスの市場規模の推移・その市場を構成する各プレイヤーの販売シェア、特定の製品やサービスの動向把握や市場での一般的な流通チャネル、顧客や購入状況・問題点や課題・招待の展望などが明らかに出来ます。競合調査なら企業をベンチマークして人員・生産・販売体制などを調べられますし、財務状況や風評などもわかります。気になる企業の組織や人員体制、販売品目・実績・販売先・物流などもわかります。

業界調査の業種はある程度カテゴライズされている

業界調査の業種はある程度カテゴライズされていて、大きくは矢野経済研究所が発行している指標が役に立ちます。
市場ごとに大きさは全く異なるものの、それを指標に業界調査を行うと比較的スムーズです。わかりやすいものから詳細なもの、規模も様々なので調査手法も変わってくることが多いです。規模が大きいものは大手調査会社でも把握はしている者の、規模の小さいものであったり地方経済などは個別で調査をする必要も出てくるかもしれません。地方であれば各地方にある商工会議所も役に立つことができますし、実はコミュニティを通じて把握することも可能です。マイクロビジネスと呼ばれるもので、非常に小さなビジネス圏を指します。時間はかかりますが、村社会のようなものなのである程度の関係性を構築することができれば可能なのです。業者に頼むこともできますが、一般的なシンクタンクなどには定額サービスを利用するのが最もコストパフォーマンスの高い方法です。

業界調査を行う場合のデメリットはどんな?

業界調査を行う場合は、市場に関する様々なデータを仕入れることが大事です。アンケートなどでマーケティングリサーチをすることで、業界が求めている要求が読み取れるからといえます。メリットは店舗の効果予測や検証・キャンペーン企画などを調査できるところです。出店した後も継続的に調査していくと、よりよい店舗運営をしていくことが可能といえます。
逆にデメリットですが、居住者や交通量など周辺環境の調査をする必要がありますが、なかなかそこまでカバーした業界調査が行われていないのが現状です。フェイズに合わせて業者を選定し、情報を足し合わせることで分析する必要があります。全体的に手間がかかるためにここまで手が回っている業界は少なく、満足いく結果が得られなかったといった事態も起きているようです。定期的に行わないと満足いく結果が出てこないために、諦めずに何度も業界調査をすることで、ヴィジョンを固めていくとよいのではないでしょうか。

最新の業界調査でのマーケティングリサーチ

最新の業界調査でマーケティング・リサーチで悩まれている方も多いことでしょう。
就職活動をする際に、企業の業界調査はきちんとしている情報を得る必要があります。 自分にあう業界を絞り込む上で、業界研究を有効としている就活アドバイザーの意見は大変多いです。 競合分析なども利用すると良いようです。 最近では、企業経営も様々であることや、競争が激しいことからも競合していることが少なくないようですね。
動画共有サイトで企業の印象を得ることもできます。例えば出版業界で漫画やコミック関係、マスコミ業界についても色々と情報を得ることができます。 具体的な商品やサービスの印象を考えながら、どういった業界で働きたいのかというのをよく考える必要がありそうですね。 会社の経営についてもよく考えることが大切ですが、インターネットなどを活用することによって就職活動に必要な情報を得ることができます。
企業分析を自分自身でもやることが大切です。

将来特定の分野でビジネスを興したいなら業界調査の実施を

将来自らが得意とする分野において、何かビジネスを興したいと考えている方は非常に多いのではないでしょうか。例えば実店舗やインターネット上で特定の品物を売る仕事をしたい方や、株式や不動産への投資を検討している方、芸能関係に就きたい方など実に様々です。
今後こういったビジネスを始める際、ぜひ事前に各々の分野で業界調査の実施を行うことが大事です。業界調査を行うと今消費者やユーザー、ファンなどがどのようなことを求めているかが理解できますし、それに応えることにより自分が成功する確率も上がるからです。
業界調査を行うには専門の業者へ依頼をする方法もありますが、今の時代SNSを活用すればある程度無料で行えます。直接質問を投げかけても結構ですし、特定のSNSサービスにはアンケート機能が備えられています。これを上手に利用すればすぐに返答してもらえるので、データの数々が数時間から数日程度で入手可能です。PCやスマートフォンを活用するだけですし、ぜひ速やかに実行してみてください。

事業拡大を検討している企業が力を入れる業界調査

事業拡大を検討している企業は、ビジネスを成功させるために業界調査にも力を入れています。
業界調査では業界の市場動向や市場規模、競合状況を調査します。
企業では様々なマーケティング活動を行っていますが、業界調査は特に重要な役割を担っています。
自社のビジネス戦略を立案して実行するためには、競合他社の動向を把握する必要があります。
競合他社の製品やサービス、マーケティング戦略を把握すれば自社の戦略も策定しやすくなります。
調査方法は大きく分けて3種類に分類され、二次調査は公表されている情報を収集します。
業界のレポートや新聞記事、統計データなどから情報を収集できるため調査費用を抑えられます。
アンケート調査やグループインタビューは一次調査で、調査対象者から情報を収集します。
一次調査は、詳細な情報や最新の情報を収集できるメリットがあります。
定性調査は調査対象者の意見を深く掘り下げて調査するため、本音の情報を把握できます。

定番の業界調査を上手に活用してビジネスを拡大

業界調査では、特定の業界の市場動向やライバル会社の情報を調査します。
日本では、多くの企業がマーケティング活動を行っています。
マーケティング活動は目的を踏まえて行いますが、業界調査の結果もマーケティング活動では重要な情報です。
業界の現状を把握して将来のビジネスを予測し、競合他社と比較して自社の戦略を立てます。
業界調査には様々な種類があり、生産量から業界のトレンドまで把握します。
既存の資料を収集して分析する方法は定番の調査で、アンケートやインタビューを実施する方法もあります。
資料やデータを調べる方法は素早く情報を収集できるので、費用を抑えられます。
アンケートやインタビュー実施する二次調査は、一次調査よりも詳しい情報を収集できます。
業界調査を行う場合は、明確な目的を持ち対象を絞る必要があります。
企業が経営戦略を立てるために必要な情報収集になるため、適切な方法とタイミングで行い有益な情報を集めます。

業界調査は情報の分析まで行うことで意味がある

昨今の競争激化するビジネス界において、企業の業績向上を図るためには、市場動向や競合他社の動向を正確に把握することが不可欠です。
そのためには、業界調査が欠かせません。
業界調査とは、市場のトレンドや動向を分析し、企業が直面している問題や課題を明確にすることを目的とした調査です。
業界調査を行うことで、企業は市場のニーズやトレンドを把握し、それに見合った戦略を立てることができます。
例えば競合他社と比較して自社の強みや弱みを明らかにし、改善の余地がある点を見つけ出すことができます。
新たな市場を見つけ出したり、顧客のニーズに応える新商品やサービスを提供するための情報を得ることも可能です。
業界調査は、ただ情報を集めるだけではなく、情報の分析までが重要なポイントです。
収集したデータをより深く掘り下げ、洞察力を持って分析することで、潜在的なニーズや市場の動向を読み取ることができます。
その結果、より有効な戦略を立てることができ、業績アップに繋げることが可能です。

定期的に行う業界調査は企業の生産性を向上

業界調査は、企業が採用代行によって必要な人材を正確に把握する上で重要な役割を果たします。
競合他社の人材需要と供給状況を把握することにより、適切な採用方針を立てることができます。
業界全体のトレンドや市場動向を分析することで、必要とするスキルや経験を見極めることができます。
さらに、採用活動の効果を評価するためにも、定期的な業界調査は欠かせません。
調査を通じて得られる情報は、企業の長期的な成長にも繋がります。
市場のニーズや顧客の動向を把握することで、自社のビジネス戦略を見直したり、新たな事業展開につなげることが可能です。
競合他社の最新動向や強みを分析することで、自社の差別化ポイントを見つけ出すこともできます。
短期的な目的だけでなく、長期的な目標を達成するためには、常に変化する情報をキャッチアップすることが重要です。
そして、その情報を元に適切な戦略を立て、採用代行によって人材を確保することが求められます。
調査を通じて、企業は的確な採用策を講じることができ、生産性を高めることができるにちがいありません。

潜在ニーズを浮き彫りにする業界調査の方法

潜在ニーズとは、顧客がまだ自覚していないニーズや既存の製品やサービスでは満たされていないニーズを指します。
把握することは、新たなビジネスチャンスの発掘や既存のビジネスの改善につながるため、企業にとって重要な課題です。
潜在ニーズを明らかにするためには業界調査を行うことが有効です。
業界調査とは、特定の業界に関する情報を収集・分析する活動です。
業界の現状や動向や顧客のニーズや価値観などを把握することができます。
この調査では、さまざまな方法を組み合わせて実施することが重要です。
業界レポートや統計データや新聞・雑誌記事などのさまざまな二次情報を収集することで、業界の概要や動向を把握することが可能です。
業界の専門家や顧客の意見を収集することで、業界の課題や新たな可能性を探ることができます。
ニーズを浮き彫りにするためには、顧客インタビューやアンケート調査などの一次情報の収集も重要です。
二次情報では、顧客や既存の製品やサービスでは満たされていないニーズを捉えることが難しいからです。
顧客インタビューやアンケート調査を行う際には、以下の点に注意します。
調査対象者は業界の代表的な顧客層を対象に選定し、調査項目はニーズを把握するために必要な項目を設定する事が大切です。
収集したデータを分析することで、ニーズを明らかにします。

おすすめの業界調査情報サイト

業界調査のメリット

新着情報

◎2023/12/08

情報を追加しました。


>事業拡大を検討している企業が力を入れる業界調査
>定番の業界調査を上手に活用してビジネスを拡大
>業界調査は情報の分析まで行うことで意味がある
>定期的に行う業界調査は企業の生産性を向上
>潜在ニーズを浮き彫りにする業界調査の方法

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>業界調査でトラブルになりそうな問題も調べられる
>業界調査の業種はある程度カテゴライズされている
>業界調査を行う場合のデメリットはどんな?
>最新の業界調査でのマーケティングリサーチ
>将来特定の分野でビジネスを興したいなら業界調査の実施を

◎2022/4/25

情報を更新しました。
>業界調査でターゲットの消費動向を確認する
>業界調査をおこなっている会社に対する需要
>様々なトレンドを知る業界調査プラットフォーム
>リスクを回避しコストパフォーマンスに優れた業界調査
>業界調査を行う際は注意点を踏まえて行動する必要がある

◎2021/1/18

起業に業界調査は必要?
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

インタビュー調査について
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

ホームユーステストについて
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 やり方」
に関連するツイート
Twitter

🌟 共産党のやり方 排除しようする者の私生活を調べて、飲酒、遊興、異性関係などで、党が「品性上の問題」と認識することが見つかると、それを党内に広めて、本人の説明が「言い訳」に聞こえる雰囲気を作るのです。しかし党の調査の多くはデマです。

返信先:日本ってアナログな昭和からのやり方やり続けてるから変わらない 議員も町議会もネットからの投票や調査でもっと現場と繋がれば無駄な高齢者や着服議員がいらなくなる 日本の平均所得よりはるかに多いのに、さらに金を求める、、

返信先:新築もやり方次第です。しっかりと調査、シュミレーションをすれば、問題はありません。

毎度の批判をリスナーにさせて自分の意見は決して言わないジャーナリズムの欠片も無いやり方。そしていつもそれが正しいかどうかの調査や検証もしないでどう思うかだけ聞いて来る。自民党の広報なので批判メールの個人情報もどう扱われるか分かったものではない。気をつけないと。#TBSスタンバイ

返信先:これ、第三者委員会の調査報告の記者会見を見ましたが、自殺の原因はイジメと断定できず、親との関係性も一因というようなこと言ってました。子を亡くして哀しみに暮れる人に対して配慮がなく、学校関係者なのか、教育する側の問題の根の深さに驚きました。断定できない、で止める等やり方あるだろ?

🌟2024.02.21 💡やったこと 《Ansible》Ad hocのやり方youtubeで確認 《nginx》受講生さんからの質問と復習(第5・11回)・調査 《Zenn》メモしつつZenn始める 計: 12時間00分 ✍️感想 Ansible周りが長引きそうと思い、この際何かでメモしよと思い結局Zennにしました。

YouTubeの浮気調査みたいなやつ、相手と話し合ったり、自分から振るのがめんどくさいからってハニートラップ(男性から女性もある)しかけてそれに着いて行ったら浮気だって問い詰めるやり方普通に気持ち悪いんやけど。